PS5のコントローラーが勝手に動くので修理に出した件

PS5のコントローラーが勝手に動くので修理に出しました!
Tetsuya

FF14歴8年になったTetsuyaです。

PS5を購入してから半年、コントローラーのDualSenseが壊れました。

ネットで調べてみると、どうやら「ドリフト現象」と言われるもので、
何もしなくてもコントローラーが勝手に動くという初期不良のようです。
(ある意味ホラーですね。笑)

実際、ネットで調べてみるとPS5のコントローラーは壊れている人が多く、
アメリカでは訴訟問題にまで発展しているみたいです(さすが訴訟大国アメリカw)

ということで、自分で直せないかリセットしたり、グリグリしたり、
色々と試しては見たものの、全く改善する気配がなかったため、

本体を購入から1年経っていないこともありおそらく「無償修理」でいけるだろうと、
素直に諦めて修理に出しました。

目次

PS5のコントローラーがおかしいと思ったら

PS5のコントローラーはいきなりおかしくなるので、
最初は壊れていることに気付きにくいかもしれません。

ただ一度壊れるとどんどん症状は酷くなりますので、壊れていれば必ず気付きます。

なぜなら、ゲームが下手になるからです(笑)

なので、「なんか最近調子悪い?」「ゲームが下手になった?」と思ったら、
まずコントローラーの不具合を疑いましょう。

「オンライン修理」に申し込みをしましょう!

僕も最初は騙し騙し使ってましたが、あまりにも症状がひどくなったため、
以下の手順で「オンライン修理」に申し込みました。

オンライン修理受付サービス

「オンライン修理受付サービス」のページに飛ぶと、少し下の方に
オンライン修理受付という以下の項目がありますので、

左側の「PS5の修理を申し込む」をクリックし、進んでください。

PS5オンライン修理のお申し込み手順

「PS5の修理を申し込む」をクリックすると、
随時、入力フォームと確認事項が表示されますので、順番に手続きを進めましょう。

STEP
メールアドレス登録

まずはメールアドレスの登録です。

STEP
登録案内のメールを確認

メールアドレス送信後、送信したアドレス宛にすぐ
【登録案内】お客様情報と故障症状を登録してください」というタイトルのメールが届きます。

僕はこのメールが迷惑メールボックスに届いてました。
なので、万が一届かない場合は「迷惑メールボックス」を確認しましょう。

メールを開くと以下のような登録フォームの入口が開きますので、
オンライン修理受付サービスの登録」ボタンをクリックして先に進みます。

STEP
注意事項に同意

登録ボタンをクリックすると、まず最初に注意事項の確認があります。
全て同意しないと進めませんので、チェックを入れて次へをクリックします。
※20歳未満の場合は保護者の同意が必要になります。

STEP
お客様情報入力

注意事項に同意したら、お客様情報を入力しましょう。

  • お名前
  • ご連絡先(メールアドレス・電話番号)
  • ご住所(〒・都道府県名・市町村名・丁目番地・建物マンション名)

※不覚にもここだけ画像がなくてすいません。

STEP
修理品の選択

続いて修理品を選択します。今回はコントローラーの修理になりますので、
ワイヤレスコントローラー DualSense」を選択しましょう。

STEP
症状入力

修理品を選択したら、どんな症状が出ているのか、詳細を記入します。
症状がドリフト現象の場合、不具合箇所は「ボタン操作関連」にしましょう。

症状詳細や不具合の頻度などは、ありのまま出てる症状を書きましょう。


なお、使用ソフトなど、任意の項目は必要に応じてご記入ください。

※僕の場合は、常に左スティックが上方向に入った状態で、キャラが勝手に前に進む、
ログイン画面でパスワードの入力すらままならない。などと記載しました。
※使用ソフトはFF14(ファイナルファンタジー14)です。

STEP
見積り・配送方法

万が一修理費用が発生する場合は、見積もりの連絡がくるそうです。
配送方法は自分で出しに行くか、引き取りに来てもらうかを選択しましょう。

STEP
最終確認

配送方法まで選択したら、最終確認の画面になります。

入力内容の確認後、問題がなければ「送信する」をクリックして
申し込み内容を確定させてください。

STEP
受付完了

受付完了です。
配送先は千葉と岩手がありますが、受付完了時に表示された方に発送しましょう。
僕は岩手の方でした。

STEP
修理申し込み完了のメールが届く

修理の申し込みが完了すると
【修理申込完了】修理品を梱包してください」という以下のメールが届きます。

また、修理品発送の際には「受付番号」が必要となりますので、
「受付番号」のメールが届くまで、修理品を梱包しながら待ちましょう。

梱包時の注意点

修理お申し込みが完了したら、コントローラーの梱包ですが、注意点は4つ。

梱包時の注意点
  1. 必要事項を記載したメモを同封する(手書きでもOK)
  2. 送料は着払いでOK
  3. ケーブルは不要(ドリフトの場合、発送はコントローラー本体のみでOK)
  4. 保証書、もしくは購入証明書のいずれかを同封する

必要事項を記載したメモ

梱包時には、以下の必要事項を記載したメモを同封して発送しましょう。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • オンライン修理受付番号(受付完了後にお送りするメールに記載された8桁の数字)
  • PlayStation®延長保証サービス加入番号(サービスに加入している場合)
  • 故障診断番号(故障診断を実施した場合)
  • 宅配ボックス希望の有無(ご希望の場合は記載してください。ただし料金が発生する場合は宅配ボックスへはお届けできません。)

※オンライン修理受付サービスで登録した住所と異なる宛先に修理品の返送を希望される場合は、別途「返送先住所 / 返送先電話番号 / 返送先のお名前」もご記載ください(返送先住所不明の場合、確認のご連絡をさせていただく場合がございます)。
※オンライン修理受付サービスをご利用いただいていない場合、メモ用紙に不具合症状を詳しく記入してください。

僕はヨドバシの延長保証には入ってましたが、PlayStationの延長保証には入っていなかったため、
必要事項のメモは、オンライン修理受付番号まで書きました。※宅配ボックスもないため

メーカー保証を適用する場合に必要なもの

以下のうちいずれか 1つは必ず同封してください。

  • 保証書(お買い上げ日と店舗印の記入があるもの)
  • お買い上げ日、販売店名、製品名が入った購入証明書(レシートなど。原本に限る)

特に無償修理を依頼する場合は、1年以内の購入日が証明できるレシート(原本)などが必要です。
※レシートや保証書など、修理先でバラける可能性がありますので、
 名前だけでも書いておくと安心だと思います(修理後、レシートはきちんと返却されます)。

PS5コントローラーの梱包

修理品のコントローラーを発送する際には、プレステ本体の箱に入れて送る必要はなく、
100均で買った箱やプチプチに包んで頑丈に固定すればOKです。

ちなみにPS5のコントローラーの寸法ですが、ざっくりで
縦(奥行き)11cm × 横幅16cm ×高さ6cm
これぐらいのサイズになりますので、箱を選ぶ際の目安にしてください。

僕はダイソーで以下の2つを購入して梱包しました。

また、発送の際には、近所にあるセブンイレブンでクロネコヤマトの
着払い伝票をいただき、オンライン修理受付番号の到着後に、
セブンイレブンから発送しました。

送り状を貼る際に、発送先の電話番号を書こうと思いましたが、公式に公開されてないため、
空欄にして発送しました。(ネットでめっちゃ探しましたが、なかったです。笑)

PS5のコントローラーを修理に出した結果

コントローラーの修理は時期によって時間がかかると聞いていたので、
修理から戻ってくるまで7日〜10日ほど覚悟してましたが、
発送してみたら思いのほか対応が早くて驚きました。

実際にかかった日数としては

発送から手元に戻ってくるまで
  • 3月3日(木)修理お申し込み(オンライン修理受付番号受理)
  • 3月4日(金)コントローラー梱包・発送(大阪 → 岩手)
  • 3月5日(土)ソニー修理サービスより「修理品入荷の連絡」あり(メールで)
  • 3月7日(月)コントローラー出荷の連絡あり(メールで)
  • 3月8日(火)新品のコントローラー到着(ヤマト便で)

お申し込みから修理品到着まで5日で済みました。

とは言え僕の場合、コントローラーは修理ではなく「新品と交換」でしたけどね。

流石に10日とか2週間とかコントローラーが戻って来なければ、
「代替品をレンタルして欲しい」とも思いましたが、発送から到着まで4日であれば、
それほどストレスもなかったので良かったです。

対応の速さには感謝です。

PS5コントローラー帰宅後の様子

僕はこれまで生きてきて、家電好きの割に「修理」とは縁遠かったのですが、
今回はある意味、貴重な経験ができたということで、記念撮影を行いました(笑)

実際にソニーのクリニックセンターから戻ってきたコントローラーの様子です。参考までに。
症状としては「電気系の故障」ということになってます。

外箱
アフターサービスの保証書(一部消してます)
内箱
コントローラーの保護シート(通称プチプチ)
内袋
復活した新品のコントローラー

まとめ

今回は、たまたまPS5のコントローラーが初期不良で壊れてしまいましたので、
修理手続きの経緯を詳しくご紹介致しました。

この記事では何事もなかったかのように、さらっと手続きの流れを書いてますが、
手続きのタイミングにはちょっとだけ驚いたことがあり、
実際に作業をしていた時は、内心、気が気ではなかったです。

というのも、僕がPS5を購入したのは、2020年3月13日。
そして、「流石に修理に出さないと限界!」と思ったのが、2021年3月3日。

「あと10日遅かったら有償?」
レシートを見た時にマジで焦りました。

今回は「保証期間内」ということで新品と無償交換してもらえましたが、
実際、有償修理の場合

ワイヤレスコントローラーの修理は3,300円〜6,050円かかりますし、そこに送料が乗ると
おそらく新品を買ってもほぼ変わらない金額になります。

ある意味、自分でも神がかったタイミングで
たまたま修理に申し込むことができたとしか言いようがありませんが、

何事も面倒臭がらずに、やるべきことはサクサクやるべきだなぁと今回改めて思いました。

なので、少しでもコントローラーの挙動が「おかしいなぁ」と感じたら、
早めに確認して修理依頼してくださいね。

僕ぐらいギリギリまで粘る人は珍しいと思いますが(笑)

以上、参考になれば嬉しいです。

万が一保証期限が切れてしまった場合は、諦めて新品を購入しましょう!

¥7,192 (2022/03/10 02:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
PS5のコントローラーが勝手に動くので修理に出しました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次